投資情報

【2022年12月】うちなーんちゅの全資産公開〜日本株・米国株投資情報〜

ハイサーイ!うちなーんちゅ(@utina-nntyu)です!

今回の記事は

  • 他の人の資産額が気になる…
  • 今から資産運用を始めようと思うけど、参考になる人が周りにいない…
  • うちなーんちゅは今月なにに投資したの?

他の人の資産運用が気になる”あなた”のために、わたくし”うちなーんちゅ”の全資産・投資情報を公開していきたいと思います。

資産推移とあわせて各チャートとともに、12月時点での日本株米国株つみたてNISAiDeCoの運用実績を紹介していきます。

この記事を読むことでコツコツ積み重ねていけば、普通の会社員でも”資産を築ける”という過程をお伝えしていければと思います。

2022年11月の全資産公開していますので、あわせてこちらをご覧ください。

それでは早速紹介していきます。

日経平均チャート

まずはじめに日経平均株価のチャートを見ていきます。

2022年12月の日経平均株価は、26,000円〜28,000円台を推移。株価の変動が大きかった1ヶ月でした。

その要因として挙げられるのが、12月20日に発表された日銀の”金融緩和の修正発表”です。日銀から発表があった20日の後場から急落し、そこから12月末にかけて26,000円台まで下落しました。

今回の株価の下落で、投資妙味が増してきた高配当銘柄もちらほら出てきています。

S&P500チャート

次に米国の優良企業500社で構成される、S&P500指数を見ていきます。

2022年12月は3,800ポイント〜4,100ポイントで推移しています。先月と比べると、特に上下動が少なかったように思える1ヶ月でした。

うちなーんちゅ

2023年の米国市場に注目です!

全資産の推移

ここからはいよいよ、うちなーんちゅの全資産1ヶ月の推移です。

今月は先月と同様の840万円台でフィニッシュとなっています。ボーナスも入金されましたが、日・米の株価の下落により資産は思ったように増えませんでした。

私の資産配分としては、現金比率が少なく株式に全振りしています。そのため、株価の下落の影響をモロに受けています。

みなさんには、おすすめできる資産配分ではありません。ぜひご自身のリスク許容度に合わせた資産配分を行なってください。

うちなーんちゅ

わたくし”うちなーんちゅ”は今後もマイルールに従い、来月もコツコツ株を買っていく方向性です!

株式・配当金推移

次に日本株・米国株の資産推移・配当金推移を見ていきたいと思います。

株式推移

まず初めに株式全体の推移を見ていきたいと思います。

私のPFは米国株式の保有率が高くなっています。今月は一時株価の上昇により、保有資産も上昇しました。

しかし12月末にかけて株価は下落し、さらに日銀の金融緩和修正により、為替は円高方向へと推移していきました。

米国株を保有しているものにとって、為替の影響は避けられないものです。今後もそのリスクを受け入れながら資産運用を行なっていきます。

配当金推移

次に日本株・米国株の配当金推移を見ていきたいと思います。

(日本株)

(米国株)

日本株に関しては、多数の銘柄から配当金が入金されました。年別で見ても、2021年からは右肩上がりの配当金入金となっています。

米国株の配当金に関しても、グラフを見てもわかるように右肩上がりをキープしています。また2021年12月と比べても配当金は増加しています。

日本株・米国株ともに、配当金が少しずつですが増えてきています。高配当株投資は、時間がかかる投資です。5年後・10年後に向けてコツコツ増やしていきます。

うちなーんちゅ

来年もコツコツと買い増しを行い、配当金を積み重ねていきたいと思います!

日本株投資情報

日本株運用実績

では個別株を見ていきます。まずはじめに12月の日本株の運用実績です。

今月もマイルールに従い給料日に買い増しすることができました。今月、日経平均株価は下落しましたが、評価損益は+15%を超えて推移しています。要因としては、日銀の金融緩和修正の発表により”銀行株”の評価益が増えたことにあります。

そのため12月の日本株に関しては、資産が増えている状況となります。しかし資産配分でみると日本株の比率はまだまだ低いため、今後もマイルールに従ってコツコツ購入していきます。

うちなーんちゅ

今月の購入銘柄は後ほど発表します!

日本株ポートフォリオ

うちなーんちゅ

次に日本株ポートフォリオを公開していきます!

セクター別

少しずつではありますが、セクターの分散が図れてきています。買い増しする際には、先月購入したセクターとは別のセクターを買い増しするように意識しています。

今後もセクター分散を意識しながら、銘柄を購入していきたいと思います。

2022年12月の購入銘柄

購入時情報
  1. 購入株数:15株
  2. 約定単価:1,961円
  3. 配当利回り:5%
  4. 配当性向:39.8%
  5. 過去5年平均EPS:159.51円
  6. PER:7倍
簡単な会社情報
  • 物流と不動産でベストソリューションを提供し続ける大手企業
  • 倉庫、アーカイブズ、港湾運送、国際輸送、海運、不動産といった事業内容
  • 2020年〜2022年の3年間は増配を発表している

ということで12月は「住友倉庫」を購入しました。

住友倉庫は、配当が右肩上がりで連続増配・営業利益率も10%超えの企業です。

今回は配当利回りが5%を超えたあたりで購入を検討していました。前回は我慢できずに配当利回り4.4%で購入したため、今回は納得の買い増しとなりました。

日本株に関しては、株価の下落により投資妙味が増している銘柄が出てきています。来年も引き続きコツコツ購入していきます。

うちなーんちゅ

株を見続けていくと、おいしい配当利回りになってきているなと気づき始めます!ぜひ株価・企業業績などチェックする習慣をつけてください!

米国株投資情報

米国株資産額

続いて12月の米国株の運用実績です。

今月の米国株は、-1,41%となりました。先月と同様にマイナスの着地となります。

今月は、株価はそれほど悪くありませんでしたが、為替の影響(138円→130円)を受けました。これは先述したように、日銀の金融緩和修正によるものです。また米国株に投資する以上、為替の影響は避けられません。

資産運用で大切なのは「退場しないこと」であるため、ぜひ早くから資産運用をはじめて相場を経験していきましょう。

うちなーんちゅ

リスクを受け入れて、今後もコツコツ積み上げます!

米国株ポートフォリオ

うちなーんちゅ

次に米国株ポートフォリオを公開していきます!

米国株セクター別ポートフォリオ

2022年12月の購入銘柄・売却銘柄情報

12月はジョンソン&ジョンソン(JNJ)1株を購入しました。約定単価:177.12$(日本円で約23,025円)を購入しました。

うちなーんちゅ

今月はジョンソン&ジョンソンを購入しました!やっとベライゾン買い増し地獄から脱出しました!

購入銘柄情報

※米国株に関しては、2023年から買い増しを一時ストップすることに決めました。その理由としては、日本株への資産配分を増やしていきたいと思ったからです。また2024年から始まる新NISAへ向けて、投資戦略を一年かけて練りたいと思います。

うちなーんちゅ

2023年は日本株の保有率を高めていきます!

つみたてNISA

次に投資信託の運用成績を確認していきます。つみたてNISAは、毎月満額の3.3万円を楽天全米・株式インデックスファンド(楽天VTI)に積立てています。

今月は120万円まで評価額が上昇しましたが、その後は110万円まで下落しました。インデックス投資は、値動きに左右されずコツコツ積み立てていくだけです。

うちなーんちゅ

今後もドルコスト平均法でコツコツ買っていきますよ!

iDeCo

最後に、iDeCoについて見ていきます。

今月iDeCoへの移管が完了しました。全世界株式ファンド(VT)へのスイッチングも完了し、ようやくVTホルダーになりました。

以前からもお伝えしていましたが、iDeCoに関して2023年から積立額を最低積立額に変更予定です。投資資金を減額して浮いた分は、日本株に資金を回す方向性です。

まとめ

以上が、うちなーんちゅの2022年12月の全資産公開記事となります。

今月もマイナス着地となりましたが、1年前と比べると資産・配当金は着実に成長しています。2023年もコツコツ時間をかけて、資産形成を行なっていきたいと思います。

最後にみなさんにお伝えしたいことは、長期運用では「退場しないこと」と「長期分散積立」が大切です。ぜひコツコツ資産運用を継続していきましょう。

この記事を読んで、同じく子育てをしながら資産形成をされている方達への活力になれば幸いです

ということで、今回の記事はここまで。来月以降も資産公開記事を掲載していきますのでお楽しみに。

うちなーんちゅ

最後まで読んでいただきありがとうございます!では次回の記事も”ユタシクウニゲーサビラ”